双子の帝王切開で『立会い出産』したことで、私たちが実現できたこと!

双子の帝王切開で『立会い出産』したことで、私たちが実現できたこと!

こんにちは。双子を育てているちこりです。

帝王切開で『立ち合い出産』ができる病院は限られているようですが、私が出産した病院は帝王切開でも立会い可能でした。

血が大の苦手な旦那が思い切って立ち合い出産をしてくれたことで、想像以上に良いことがあったのでここに記録することにしました!立ち合い出産を迷っている方への後押しになれば嬉しいです。

帝王切開の立会いをするための条件は?

帝王切開の立ち合いをするための条件は特にありませんでした。なので旦那さえよければOKです。

ちなみに…うちの旦那は、血が大の苦手です。血を見ると力が出なくなるそうです。血やを見ると「わーっ!!!」とびっくりするほどデカい声を出します…ただ、そんな旦那でも立会いすることができたので、血が苦手な旦那さんにも是非立会いをおすすめしたいです^ ^

立ち合い出産で実現できたこと

双子の帝王切開の立ち合い出産で実現できたこと

帝王切開の立ち合い出産で、私たちが実現できたことは以下の4つです。

  • 会話や手を握ってくれるなど手術中のサポート
  • 赤ちゃんが出てくる時のビデオ撮影
  • 初めての家族写真
  • 産後すぐ別室へ運ばれた赤ちゃんの様子を旦那が見れた(写真も撮影)

実は、ビデオ撮影と写真撮影は、先生方に撮っているところを見られるのは恥ずかしいかなと、ちょっと遠慮気味に考えていました。(動画で残すことは正直考えていませんでした。)旦那に相談してみると、快く撮ってくれるようだったので、自分もその勢いにのって撮ることにしました!

この撮影ができたことが本当に良かったです!産後、何度も見返しては「じ~ん」ときてます。産声を聴くとその時の感動がリアルに思い返されます。動画は、「赤ちゃん出てくるから今から撮ってー」という撮影サインをいただき、誕生前後の数分間の映像です^_^

初めての家族写真は、双子がお腹から出てきた直後に「双子+私」と「双子+旦那+私の4人」で撮ってもらいました。撮影直後、私は見る見るうちに顔が真っ白になり、気持ち悪さでゲロゲロ吐きました(何も食べてないので胃液ばかりですが)。大量の出血のために低血圧になってしまったようです。写真を撮ったのは笑顔ができるギリギリのタイミングでした!!写真を撮りたいことを事前のバースプランで伝えており、撮影タイミングなどを素早く教えていただきました。お陰で短時間でパシャパシャ!OK!と迷わず撮ることができました。

双子の帝王切開で立会出産して実現できたこと『初めての家族写真』

ちなみに、携帯電話は持ち込み不可だったため、デジタルカメラビデオカメラを持参しました。結婚式のために購入したビデオカメラが、出産を機に大活躍してます^^

帝王切開中のお腹が見えるのか??

私の顔とお腹の間にはカーテンのような布で仕切られていました。そのため、私がお腹の様子を見ることはできませんでしたが、立ち合う人(旦那)からはお腹の様子が目に入ってくる位置だったようです。

旦那曰く、「目の端にチラチラ赤いものが見えるので、なるべく見ないようにしていた…」とのことです。撮影した動画を後から見ると、赤ちゃんが出てきた時、お腹に血が溜まっている様子が見えました…。血の苦手な旦那さんへは「なるべく見ないようにすれば何とかなるはず!」と言いたいです!

帝王切開で『立ち合い出産した時の流れ』

帝王切開で立ち合い出産した時の流れ

簡単ですが、記憶の範囲で『立会い出産した時の流れ』を記録します。

①手術室へ

尿道カテーテルを付けているため、手術室までは車椅子で押してもらいました。入り口までは、旦那と母が付き添ってくれました。

②背中にブスブスと麻酔注射

横向きに寝て背中を丸めて背骨に注射をしました。何度も打つのでかなり恐怖でしたが、女性の先生が温かく柔らかい手で私の手を握ってくださり、不安が大分和らぎました。人の温もりは、こんなに安心感を与えるのかと不思議に思いながら、ギュッと握っていました。

③麻酔が効いているか確認

小さなパウチ小袋の尖っている角を足やお腹の皮膚に当て、感覚があるか聞かれました。麻酔が問題無く効いていることを確認し、手術の準備が整ったようでした。

ここでいよいよ旦那が呼ばれて立会い出産がスタートしました!

④手術開始

手術開始です。
ここでリクエストした持参のCDも掛かり、少しばかりリラックスした気持ちになりました。が…私の手を握ってくれていた女先生の温かい手が旦那の冷たい手に変わった瞬間、不安が膨らみ…笑

でも、この不安は音楽や先生からの手術進行の説明、先生方の楽しいおしゃべりにより、カバーされました!旦那の冷たい手からは「やっぱり不安だよね、頑張らなきゃな!」という気持ちにさせられました 笑

旦那がそばに居てくれたこと、一緒に双子の誕生に立ち会えたことはやっぱり嬉しかったです。

立ち合い出産でやりたいことは「バースプラン」へ!!

出産で自分のやりたいと思ったことは、病院で渡された「バースプラン」にすべて記入しました。

写真撮影も動画撮影も良いタイミングを先生方から教えていただき、撮影チャンスを逃すことなく無事に終わりました。出産で気になるプランがあれば、できるかどうか遠慮せず聞いてみることが良いと思います。

最後に:帝王切開したら、傷跡ケアも大切に!

立会い出産で、赤ちゃん誕生という感動の瞬間を家族一緒に共有できたことはとても良かったです。また、撮影した動画を後々見返すと想像以上に感激しました。

帝王切開でも立会いができるところなら、ぜひおすすめしたいです。

また、帝王切開が決まっている方へもう一つお伝えしたいことが!術後の傷跡ケア方法です。傷跡がどうなるのか気になりますよね。

産院の先生からおすすめのケア方法を教えていただいたので実践してみました。下記の記事で私の傷跡の経過写真とともにケア方法をまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

帝王切開の傷跡に効果抜群!!『レディケア』を使った私の口コミ(経過写真あり)

帝王切開の傷跡に『レディケア』を使った私の口コミ(経過写真あり) 帝王切開の傷跡に『レディケア16』を使った私の口コミ(経過写真あり)